カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

犬の癌検査

ご存知でしたか?

病院で癌検診は行っていません。癌が疑われてから確定診断するためのものです。

 

血液検査で安心していませんか?

残念ながら、現在の獣医学では、血液で癌を見つけることはできません。

そもそも、血液検査の項目に「癌」はありません。

動物病院で「癌」を調べようとすると、CTやMRIが必要になります。

これらは癌が疑われてから「診断」に使うもので、癌の可能性を調べる「検診」には不向きです。

また、CTやMRIには麻酔が必要だということも、ぜひ、知っておきましょう。

 

簡単に「癌検査」ができれば、死亡原因第1位と言われる「癌」で亡くなる犬は減ってくれるかもしれません。

実は、そんな声に応えて登場したのが「Pee Check!」なのです。

「Pee Check!」はここが違う!

病院の検査と「Pee Check!」の違いをまとめました。

病院の検査

Pee Check!

どんな検査?

画像検査

マーカー検査

検査方法は?

CT、MRI、PETなど

尿検査

検査に必要なことは?

麻酔と麻酔薬用血液検査

採尿

何が分かるの?

腫瘍の部位、大きさ

悪性腫瘍、炎症の可能性

分らないことは?

良性か悪性か

腫瘍の部位、大きさ

どこでするの?

病院

自宅

だれがするの?

専門の獣医

飼い主自身

いつするの?

癌が疑われてから

日頃の健康チェックで

何をみつけるの?

進行した癌

早期癌、炎症

手遅れにならないためにも『早期発見』が重要です!

オフィシャルサイトはこちら