カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

どんなことが分かるの?

犬の癌

どんな検査なの?

尿を使った検査です。愛犬に痛みを与えたり、病院に行かなくても、飼主様ご自身でできる便利な検査です。

なぜ分かるの?

もともと尿には体内で不要になった物質が含まれています。特定の疾患になると、その疾患を反映した不要物質の量が増減することが知られます。これらは「疾患マーカー」と呼ばれますが、「ピーチェック!」は以下の疾患マーカーを検出することで、外観からわからないワンちゃんの健康状態を判定します。

アセスミン

癌や炎症のマーカーとなります。健康な時にアセスミンが増えることはありませんが、炎症により一時的に検出量が増加することがあります。高い検出量を維持、あるいは増加する場合には癌の可能性が高まってきます。進行した癌では高い検出量となります。

アルデヒド

体内の酸化ストレスが高まると尿中に排出されるアルデヒドという物質を定量検査します。ストレスは短時間でも急激に高まることがありますが、継続的にストレスマーカーが検出される場合や高い値を示した場合には疾患との関連も疑われます。

基本尿検査

尿pH、尿タンパク、尿潜血、比重、尿糖、ケトン体を調べます。それぞれの項目は特定疾患の指標となるもので、いずれも参考基準値内であることが望まれます。

オフィシャルサイトはこちら